相続税申告は税理士にどうぞ|トラブル避けて上手に解決

説明

優秀な専門家

弁護士

平均的な返還額について

過払い金の平均的な返還金額ですが、これはいくらお金を借りていて何年間取引をしていたかによって異なります。法律事務所の広告にも平均で一人当たり80万円近くの過払い金を取り戻すことに成功していますと宣伝しているところもありますが、そもそも請求手続きをできる人というのが単純に利息制限法を超えるグレーゾーン金利で契約していた時期があったから誰でも請求できるわけではなく、取引期間が1年や2年といった短い期間だと過払い金は発生していないのです。最低でもグレーゾーン金利で5年以上取引をしていた人に過払い金が発生している確率が高くなります。取引していた会社名は分かるけど、カードや契約書はもっていない、そういう方でも取引していた会社名さえ分かれば請求できるのです。

司法書士と弁護士について

過払い金を請求するには、司法書士か弁護士のどちらにも依頼することができます。ではどちらに依頼したらいいのかとなりますが、費用が安いのは司法書士になります。ただし、取り扱える金額が140万円以上になるため、借金の金額と過払い金の金額が140万円以上となると司法書士には代理交渉権がなく弁護士に依頼することになります。もし司法書士に依頼して180万円の過払い金があることが分かった場合は、貸金業者に交渉権の制限を主張されるので140万円で和解しなければならないケースもあります。そのため債権額によってどちらに依頼するかを判断します。