相続税申告は税理士にどうぞ|トラブル避けて上手に解決

説明

手続きの詳細

困る

相続放棄手続きの費用について

被相続人の死亡と同時に自動的に相続が開始します。この時に相続されるのは、被相続人が持っていたプラスの財産だけではありません。たとえば、被相続人自身が借金を抱えていたり、誰かの借金の保証人になっていたりすることがしばしばあります。何も手続きを取らなければ、そのようなマイナスの財産も全部相続することになりますので、注意する必要があります。プラスの財産よりもマイナスの財産の方が大きい場合にまで、有無を言わせず相続人に一切の財産を相続させるというのでは、相続人にとって負担が大き過ぎます。そのため、相続放棄という手続きを取れば、相続権を放棄できるようになっています。自分で相続放棄の手続きを取る場合にかかる費用は、裁判所の手数料や郵券代などの実費のみとなります。ただし、弁護士などに手続きを依頼する場合には、10万円前後の費用がかかるのが一般的です。

専門家に手続きを頼む人が多くなってきました

最近は、生まれた場所でずっと暮らし続けるという人がとても少なくなってきています。亡くなった親が抱えていた借金を相続しないために相続放棄の手続きを取る人が結構たくさんいますが、その手続きは被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行う必要があります。つまり、亡くなった親が住んでいた場所にある家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があるのですが、子が遠隔地に住んでいるケースが少なくありません。申述書の用紙自体は全国共通ですから、最寄りの家庭裁判所でもらうことができます。また、直接裁判所に出向く必要はなく、郵送で手続きを取ることが可能です。しかし、普段そのような手続きを取ったことがない人にとっては、かなりハードルが高い手続きです。そのため、最近では、司法書士や弁護士に相続放棄手続きの代行を依頼する人が多くなってきています。